ノートとペン

対面式によらない教育

勉強する人

社会人に適した教育

教育と言えば、大学などに通学して、教授たちから直接講義を受ける対面式教育が一般的です。しかし、教育にもいろいろなものがあります。学校教育はもちろんですが、資格取得や生涯学習を目的とする教育が増えています。社会人になってから資格の必要性に迫られたり、最新の技術や知識を仕事に活用するために勉強する場合も出てきます。社会人ともなるとなかなか休暇を取ることも難しくなりますので、独学で勉強することになります。そこで通信教育の需要があります。通信教育の場合、使用する教材は、市販の教材に比べて質が高いですし、自宅で自分の都合のいい時間に勉強することができます。通学に比較して費用が安くなるのも大きなメリットです。

教育を発展させる方法

通信教育を利用する目的は、時間や場所に制約がある人の学びたいという考え方に応えることにあります。教育には年齢は関係ありませんので、いつでもどこでも勉強できる環境を提供することで、社会人になってからも勉強することができます。通信教育は、自分で勉強した内容を指導問題で確認しますが、その確認を郵便などで提出することに由来しています。現在は、この通信が大きく進化しています。インターネットの進化にはめざましいものがありますが、Web上で通信指導を受け、質問を行って、その回答を受けることで、わからない部分についての理解を深めることができます。社会人として経験を積んだからこそ、勉強の必要性を感じる人にとって、通信教育は有効な手段となります。